母親を自死で亡くした私のブログ

母親から精神的虐待を長年にわたり受け続けた娘の日記です。母親は2017年5月に自死しました。

無敵

私の大学の悪口を言うゼミの先生に、ついに怒りのメールを送りました。
「英語で論文すら書かず、大学の世界ランキングを上げる努力をしてないくせに生徒を低学歴とバカにしやがって」
「生徒の学費で研究費をまかなっているくせに態度でかいんだよ」
「むしろ生徒たちがここにきてよかったと思えるようにお前が努力しやがれ」
もっと丁寧な言葉で書きましたが、内容はこんな感じです。
なんか、今まで息を止めていてやっと呼吸ができたような気分です。
これぞわたし。
これぞわたしなんです。
わたしは消費者。
クレーマー。
自己愛性パーソナリティ障害なのかもしれませんが、やっぱり気持ちいい。
正論を言うって気持ちいい。
明日ゼミで会う時どんな顔するか楽しみだな。
破門にはできないでしょう、わたしがこいつの研究費を払ってやってるんだから。
せいぜいペコペコ謝るしかないでしょう。彼は。
好かれなくていい、嫌われて上等。
ただ人間として扱ってほしい。
せめて人間らしく。
わたしは明日堂々と、誇らしげに教室に入っていきます。
先生は卑怯なことはしないでしょう。
根が悪い訳じゃないので。
なんかされれば学生相談室へいきます。
ゼミの先生だって必要があれば変えます。
私はもはや無敵です。
人を殴ったって示談成立させます。
私、学校の帰りにスーパーよりました。
衝動的に、いらないものをいっぱい買いました。
買い物中、死刑囚になったらどうなるのかをずっと考えてました。
「あんなに才能のあった人が」
「もし社会に出て活躍していたら、どれだけ人の役に立ったことだろう」
大学の先生がインタビューで、
「非常に将来が楽しみな生徒だった」
「まさかこんなことをするとは思わなかった」
大学の知人がインタビューで、
「授業に積極的に参加していた」
「わからないところをよく教えてくれた」
こう書いてみると、犯罪者になって報道されるって言うのは、有名になって死ぬみたいなもんですね。
お別れの辞をみんなテレビのモザイク越しに言ってくれる。
惜しまれて、死ぬ。
もちろん刑務所にはテレビなんてないから聞けないんだけどね。
4畳の部屋にエアコンなしで平均7年間閉じ込められて絞首刑にされて死ぬ。
でも、死刑になる前にせめて親の遺産2000万使い切りたいなあ。
今調べたら、大型車の運転免許って、MTの免許を3年間持ってないといけないらしい。
ちくしょう。
すぐには決行できないな。
でも、MTの免許なら取りに行ける。
今すぐにでも取りに行きたい。
でも通いはめんどくさい。
まーいいや。
今週大学通ってみて、つまんなかった授業は不合格ってことで履修してあげない。
もし全部つまんなかったら、もう大学行かない。
来年は確実に休学するから、免許は必ず取れる。
いいものいっぱい食うぞ。(舌がバカだから、よさがわからないかもしれないけど)。
ハワイ行くぞ、ハワイ。
一人で。
ドイツのクリスマスマーケット行くぞ。
筋トレしなきゃ。
そうだ、イギリスのブライトン行ってやる。
あのインターンシップで一緒になった金持ちのボンボンの学生が一年留学してたリゾート地。
行って、「大したことねえな」って唾吐きかけて帰ってやる。
お前らみてろよ。
絶対復讐してやるから。
家が金持ちの、なんの努力もせずのほほんと生きてる奴らたち。
みてろよ、みてろよ。
いまにみてろよ。