母親を自死で亡くした私のブログ

母親から精神的虐待を長年にわたり受け続けた娘の日記です。母親は2017年5月に自死しました。

墓標以下

今日学食で一人で食べてたんですが、ふとした拍子にご飯をこぼしてしまい、隣の人の服に少しシミがついてしまいました。
私は平謝りでクリーニング代を出すと言ったのですが、「そんなのいいです」と言われたので、これはラッキーと彼女が気を変える前に急いでその場を離れました。
今思うと最低でも五千円、一万円は出すべきだったと思います。
その時の所持金は四千円だったのですが。
私が彼女だったらそんな寛大になれたでしょうか。
おそらく「これはチャンス」と搾り取れるだけ取ろうとしたと思います。
彼女は友達3人といたので、そういう行為に出づらかったのもあると思います。
これは運が良かったですね。
その時こぼしたのはトマトソース系のおかずだったのですが、
私の上着にも赤い血痕のようにシミがついて、
遠く離れたトイレのシンクで洗いながら、
「運命に被弾したな」と思っていました。


今、私は自分を死に至りしめることのできる大きな器具と同居しています。
死ぬために通販で買いました。
おかげで居住スペースが減りましたが、
よけながら日々洗い物をしたり、
時々それに腰掛けたり、着替えの服をかけたり、
考えてみるとなんか面白いですよね。
死との共存。
一応部品を買い足さないとこれで死ぬことはできないのでまだ未完成なんですが、
私の人生でもっとも重要な役割を担うものなのに、扱いは割とぞんざいです。
私は運命に逆らって生きていくことができるのか。
私は本当はもっと早く死ぬべきだったと思うんです。
神様のプランではおそらく早ければ4歳、遅くて16歳で死ぬはずだったんです。
だから今こんなに辛い。
卒論書いても無駄でしょうね。
書いて無事卒業しても就職する気は無いし、大学院に行っても多分自分の出来なさに呆れさせられるだけだし、
博士課程修了まで生きてるかどうかわかんないし、
だいたい生きる価値があるかどうかすらわかりません。
今までの観察からいうと、おそらく生きる価値なんて今後出てきません。
ゼミの先生じゃない別の先生には「研究者としてたぶん職には困らない」と言われましたが、
仮に研究者になれたとしても幸せになれるわけじゃありません。
知的労働の最たるものですから、頭が働かなくなってしまえばそれで研究者としての人生は終わりです。
そしてその可能性は、決して低くないと思います。
うつ病になって薬漬けになるなど。
現在私はセニランという薬を服用していますが、その副作用なのか集中力がなくなっていることに気がついています。
頭がすっきりしないことが多いです。
今のところ授業に支障は出ていませんが、集中力のなさに驚かされます。
かと言って服用しないのも辛いので仕方なく飲んでいます。
これがさらにエスカレートした状況は想像するに容易いです。
でも本当に頭がすっきりしません。
鉛のヘルメットを被ってるような。
精神的に辛くても、ちょっと服薬やめてみます。


その先生からは前にも「会社勤め向いてないよ」
「小説家とかになった方がいいよ」と言われました。
そういえば最近は全く小説など創作活動を行わなくなったなぁと思いました。
一昔前、大学の友達と漫画の構想を練っていた時もあったんですが。
その友達が「飽きた」と言って、私も彼女に飽きたので、
お互いに離れました。
私はそれと同時に創作活動を行わなくなりました。
当時は楽しかったんですけどね。秘密基地を作ってるみたいな感覚で。
中学高校でもあんまり小説とか書かなかったし、
本当に書いていて楽しかったのは小学校の頃でしょうか。
私が一番望むことってなんでしょう。
ぼーっとすることかなあ。
将来になんの心配も抱かず、痛みなく、苦しまない時期が欲しいなあ。
でもそれって、実際には不可能なんじゃないでしょうか。
物心がついてから今までずっと将来の心配をして苦しむだけの日々でした。
心配してきた将来はどうなったか。
母親は自殺し、父親は再婚して子供二人いるし、
ゼミの教授からはパワハラを受けるし、
社会にバカにされるんじゃないかと常に恐怖を抱えている。
まあ、要するにダメだったってことですね。
享年16歳になれなかった私の価値は墓標よりも低いです。