母親を自死で亡くした私のブログ

母親から精神的虐待を長年にわたり受け続けた娘の日記です。母親は2017年5月に自死しました。

過去を追い求めて

私の小さい頃のビデオについて思い出していました。
母親が昔、家庭用ビデオカメラで3歳ぐらいの私を撮った映像。
私の父親も写っていました。
その映像を探したのですが、母親がそれをテレビに映したものを携帯で撮ってUSBに保存して私がそれを持っていたはずなのですが、どうしても見つかりません。
私が一年ぐらい前に父親にコピーを渡したことは確実なので、父親に添付ファイルで送ってもらおうと思います。
過去が存在した証拠がないと、私は自分がなんなのか、わからない気がします。
私の過去の証人である母親が死んだことで、私はすでに昔の自分から乖離している気がします。
幸せだった頃の自分が、いなくなって。
小さい頃の私のVHSテープは手元にあって、これもDVDにダビングしてもらわないといけませんが、
私は過去にすがりついている気がします。
戻れぬ過去。
幸せだった頃。
母親が少なくとも私の前では幸せだった頃。
父親がいた頃。私の父親だった頃。
もう戻れない。
頭ではわかっているけど、私はやっぱり90年代に惹かれてしまう。
私の小さかった頃と、質感が似ているから。
現在は醜い。
どうしても醜い。
どうすればいいんでしょうか。
時の流れとともにどんどん過去から遠ざかっている。
どうすればいいんでしょうか。