母親を自死で亡くした私のブログ

母親から精神的虐待を長年にわたり受け続けた娘の日記です。母親は2017年5月に自死しました。

私は愛されていない

土曜日、祖母が来るそうで、
祖母は五反田のホテルに泊まるそうです。
それは父親が目黒に家族と住んでいるから。
父親は、五反田に来いと私に言った。
私は今日電話ではいくと言ったが、
やっぱりこれは行くべきじゃないと思う。
なんで私が合わせてやらないといけないんだ。
父親の家族になんで私が配慮しないといけないんだ。
土曜日は絶対に五反田になんて行かない。
私は愛されていない。
おそらく父親は私も他の子供達も「平等に愛している」というんでしょう。
でも私は今まで一人っ子のつもりで来たから、急に姉妹がいることになったなんて困る。
そんな父親はいらない。
もう会いたくない。
私を愛してくれない親は母親だけでよかったんだよ。
なんで、なんでお父さんは私を愛してくれないの。
なんで私に配慮してくれないの。
なんでそんなに無神経なの。
ひどすぎるよ。
ひどいひどいひどすぎる。
ひどいひどいひどいひどいひどすぎる。
私には帰るところがない。
私は永遠に愛を求めて彷徨うんでしょうね。
私自身は誰も愛することができませんが。
私はおそらく、愛されていたとしても、それを認知できないでしょう。
今後ずっと。
父親とも縁を切ります。
私は、たった一人で、寂しく生きて行かなくてはならないのです。
太宰は嫌いですが、
彼の死にたがりの性質には同感できます。
死ぬ自由だって私にはあるはずです。
しかし父親に愛されないために自殺するのかって言ったら、
まるで私が腑抜けみたいじゃないですか。
いえいえ、私は昔っからわかってたんです。
私は見捨てられたんだと。
そこを母親にも見捨てられ、
私は孤児になりました。
19歳の孤児。
児童相談所には取り合ってもらえなかった未成年のあの一番辛かった年。
今私は20です。
恋人も友達もいません。
なんだか毎日が調子外れで。
このままずっと川の底に沈んで行きたい。
死ぬべきだとは思いませんが、
夢中になれる男でも見つけて、そいつを養うためだけにでも働ければ、
私は幸せなんです。
一人は辛すぎる。
口元のブツブツが辛い。
私は唯一肌が綺麗なのが自慢だったのに。
かなしい。
私は生まれなければよかった。