母親を自死で亡くした私のブログ

母親から精神的虐待を長年にわたり受け続けた娘の日記です。母親は2017年5月に自死しました。

怒り

なぜ。
なぜ私は全てを失わなければならなかった?
私は家畜か。
ひどい目に合わされても
薬を飲んでおとなしくしてる。
今日も渋谷に通り魔をやりに行かなかった。
未だに運転免許すら取れていない。
こんなの許されるか。
永山則夫は、
確かに不幸だけど、
だからって私が不幸じゃなくなったわけじゃない。
私が彼を嫌わないからって、
私が残りの世界を許したわけじゃない。
私は未だに憎んでいる。
憎しみでたぎっている。
薬のせいで眠くて無気力。
ほとんどの時間豚みたいに寝っ転がってる。
人畜無害になるように私は薬を飲まされて。
自分のためだと言われて。
私は自分の気持ちを押さえつけて、
まるで毎日楽しくて、
世界はフェアで日向しかないみたいに振る舞わないといけなくて。
操り人形!


電車の中で怒る精神病者。
誰に対してでもなく暴言を吐く。
ああいう人の気持ちがよくわかる。
あの人は世界に対して怒っていたんだ。


もともと操り人形なら
家畜になったって一緒か?
抵抗するのも無駄なら
抵抗をやめたって一緒か?
抵抗するのが無駄なら
平穏に家畜として生きても一緒か?
家畜になっただけ
人間の心が傷つかなくていいのか。
私は人間の心を持つことさえ
もう許されないのか。
涙も出ない。