母親を自死で亡くした私のブログ

母親から精神的虐待を長年にわたり受け続けた娘の日記です。母親は2017年5月に自死しました。

今年を振り返って

今日はシャワーを浴びました。
シャワー浴びてると嫌なことばっかり考えますが、
やはりゼミの教授の愚行を思い出し、はらわたが煮えくりかえりました。
教員失格。
私の学費がこいつの私腹を肥やすために使われているのか。
冗談じゃない。
年が明けたら、執行部との面談を要求します。
でもこいつに単位をもらわないといけないというジレンマ。
どうしたらいいんだろう。
やっぱりゼミを変えるべきか?来年から。
行きたいゼミあるけどさ。
めんどくさいけど、ゼミ変えたほうがいいのかな。
ちょっと聞いてみようかな。
父親の不甲斐なさにも閉口します。
あの老猿。年寄り。
今年は、一言でまとめられないような年だと思います。
でも一番強い感情は、怒り。
何もかも奪われた実感が湧いてきた年でした。
全てを奪われた私。
怒りと孤独。
ぶつける場所のない怒り。
彼の娘は九州のわけわからん私大に通ってるらしい。
私たちのことを低偏差値のバカ呼ばわりしておいて自分の子供はバカ私大って、そりゃないだろう。
何様だよ。いい気になりやがって。
もし大学の偏差値をあげたいと思うんだったら自分でなんらかのアクションをとってるはずだ。
そんな努力もせずに学費を払ってわざわざゼミに来てる生徒に罵声を浴びせて。
恥を知れ!
大学をやめさせられなくても、せいぜい減給にさせたいところだな。


今年は本当にすったもんだでした。
3月は1ヶ月言葉も通じない外国で大学のコースに通う。友達だと思ってたやつに裏切られる。留学生に大麻パーティーに誘われたり、迷子になったり怖い思いをする。
4月からは大学。
この時も試験とかあって大変だったな。
7月は資格試験に合格。
就活を始めるもバカらしい思いをする。
10月、精神的に参る。先生にクレームをつける。歩行障害になる。
大学の精神科医やカウンセラーの無能さに呆れる。
11月、精神科にまた通いだす。


何一ついいことありませんでした。
本当マジで父方の家族と縁切りたい。
去年祖母が金110万くれたけどさ。
来年分のお年玉もくれたけどさ。
金しかメリットのない親戚。
デメリットは、私を陰でバカにしている気がすること。
祖母は大して害がないけど、
叔母といとこは私のことを「母子家庭で母親自殺してやがんの。貧乏で頭悪くてかわいそうプププ」とか思ってそうで存在が嫌だ。
だから恥ずかしげもなく私に「いとこのついで」と言って成人祝いに頼んでもいないネックレスとか送ってくるわけだよ。
恥を知れクソババア。自己満で私に物を送りつけるな!
受け取り拒否しようかと思ったけど、さすがにそれはよくない気がしたので、一応受け取ってはおいた。
でも今思うと受け取り拒否しておけばよかったな。
彼氏とのデートで何回かつけたけど。
私は他に装飾品を持たないのでそれしかなかった。
ただ大叔母さんは好き。
2回しかあったことないけど。
大叔母さんは良さそうな人だったな。


逆によかったことってなんだろう。
本当に何一つ思い浮かばないや。
彼氏ができたこと?(別れたけど)
あー、一つだけあった。
7キロ痩せたこと。
逆流性食道炎になったせいで7キロ痩せた。
今薬飲んでるけどリバウンドはなし。
あとはやっと今年の1月に成人して遺産相続ができたこと。
同時に学問は偉くて仕事はくだらないと思うようになった。
あとは卒論の目処がついたところかな。
でもこんな三流大学の学位なんて死んでも受け取りたくないっていう人いっぱいいると思います。
これを役に立てる方法があるとしたらそれは研究者になって卒論で書いたテーマを自分なりに広げていくことかな。
学部の卒論なんて本当院試の時ぐらいしか役に立ちませんからね。
これから研究者になるためにはさらに修士論文を書いてさらに博士論文を書いてそれからは論文を無限に書かないといけないなんて、気が遠くなりますね。
学部卒でいいじゃん。もう十分じゃん。院に行けなんて誰も命令してるわけじゃない。
来年から休学したっていいんだ。
誰も文句言わない。
恐ろしいことは、まあ起こる可能性はある。
一人でいるのはよくないな。
ルーティンがあるから思い詰めなくて済む部分もある。
休みがあったところでしたいことはないし。
なにもしたくないっていうのが本音。


来年の抱負?
うーん、ないなぁ。
せいぜい彼氏作ることかな。
来年じゃなくてもいいから、いつかは結婚したいな。
きれいなマンションに一緒に住みたい。
ぶっちゃけ私が結婚生活に関してあこがれてるのって、きれいなマンションとイケメン。
それか、すごく気があう人と人生を共にしたい。
本当にお互いを理解し尊敬し合えるなら、イケメンじゃなくても貧乏人でもいい。
逆にめちゃくちゃ狭くて汚いところで二人暮らしできる方が愛が強そう。
そういう愛があればいいのにね。
もしそういう人間に出会えるとしたら大学院かな。
博士課程かも。
今年はガキ使見れないな。
そもそも今年テレビ見たの数回だけだから旬の芸能人の顔がわからないと思うけど。
私の唯一の友達なら結婚してもいいと思う。
その子はもちろん女なんだけど。
これぐらいいい友達って、やっぱり学校とかでできるものだよね。
マッチングサイトで難なく作れる彼氏とは格が違う。
数回食事デートすれば彼氏彼女の出来上がり。
なにも難しいことなんてない。
恋愛も便利な世界になったねえ。
私はそれで得したことも多いけど。
でもやっぱり純粋な愛っていうのは何年もかけて作り上げていくものだと思う。
恋愛って消耗品になったな。
信じられるのは友情だけ。
その友情も、分かち合うのは世界でたった一人だけ。
一人だけでもいるだけ上等か。
友人は別に美人じゃない。家は金持ちらしいことをごく最近になって知ったけど。
彼女が私の友人だから好きなんだ。
もちろんバカで至らない面もあるけど、それでも彼女のことが友人として好き。
でも友情と恋愛ってやっぱり違うよねえ。
何年も連絡取り合ってる男なんて一人もいない。
この友達とは高校2年生からの付き合いだけど。
5年間の付き合いか。
これでも浅い方なのかもしれない。
友情、愛情。
でも神様、私に友情を与えてくれたことだけには感謝してる。
私のたった一人の友人。
金にも恋人にも親にも期待できない時に、
友情がただ一つだけ残っていた。
ありがとう。
友人でいさせてくれて、ありがとう。