母親を自死で亡くした私のブログ

母親から精神的虐待を長年にわたり受け続けた娘の日記です。母親は2017年5月に自死しました。

宣言

私はここに宣言します。
私は幸せになってやると。
ゼミの人たちの考える「幸福」に関係なく、
ゼミの人たちが、世間がなんと言おうと、
私は人間らしい生活をして、毎日幸せに生きてやる。
私はお前らよりスタート時点から恵まれていたし、かつお前らよりも能力があるんだ。
いつも暗い話しかしない先生なんてこれっぽっちも尊敬していないんだ。
私は卒論を自分の満足のいくまで頑張るし、就活でも自分が信頼できる場所に入ってやる。
おどおどしながら他人の理想を実現しようとしてる、卒論をごまかして書こうとしてる惨めでノータリンなお前たちとは違うんだ。
ざまあみやがれ。
私はね、言っとくけど、絶対に大丈夫なんだよ。
私は何があっても、絶対大丈夫なんだ。
なぜかって言うと、私は自分が大切だから。
大切な自分を守るためになら私はなんだってする。
自分を守るためなら裁判も起こすし、転職だってする。
それぐらい私は自分が大事なんだ。
嫌な状況にはもう我慢しないし、
私は好きなこと、やりがいのあることだけやって生きていく。
私は私の気にいる人間でいられればそれでいいんだ。


現在、私は私の気にいる人間なんでしょうか。
気に入ってますね。
私は自分のことを実は気に入ってます。
今までの人生本当によくやってきたなあと思います。
ついに母親との根性比べに勝ち、その賞品はこの素晴らしい一軒家での一人暮らしであり、これからの人生の自由です。
本当に、よく頑張ってきたと思います。
でもそうじゃないと、母親との地獄から逃れられなかったと思うので。
私のこれまでの人生の功績を考えます。


1. 親の勝手で義務教育から逸脱させられていたのに、自殺未遂をしながらも勉強を頑張り、塾にも通わずちゃんと現役で受かったこと。


2. 大学一年生の時に授業に全くついていけず、自主退学しようとしたものの、結局は大学に残り、ちゃんと授業を受け続けたこと。
他の大学に入り直すことを考えていましたが(理系の大学です)、結局はここでやってることが楽しかったので、ここに残っても、他の大学に入り直しても、同じだったんだと思います。


3. こんなにハードな大学で今まで課題やレポートや試験をこなしきれてきたこと。
本当、高校の時が易しく見えるぐらいハードです。
こんなにハードだと思ってませんでした。
しかし、「楽勝学部」に入らなくてよかった気はなんとなくします。
私はこの「なんとなく」って言う感覚を大事にしていく必要があると思います。
だって、「なんとなく」に私の本質があるわけだから。
この「なんとなく」の好みが、私を定義づけるものだから。
私は今後絶対に、私を否定しません。
他人になんと言われようと、私は私の感覚を全面的に肯定します。
私は他人に嘲笑われようと、非難されようと、常に自分の味方でいてあげることを誓います。
私の核心は言ってみれば、今日動物病院に連れて行ったハムスターみたいなものです。
小さくて、怯えていて。
私はその子を、なんとしてでも守ってあげなければなりません。
その小さくて、怯えている、かわいいハムスターみたいな自分を攻撃するやつは誰だろうと許せません。
自分が攻撃するのはもってのほかです。
私は、今日したように、その子をケージごと抱きしめて、
その子がちょっとしたストレスで死んでしまうことを踏まえながら、
注意して、その子の幸せのために尽力をすべきです。
その子の嫌がることは、やらせるべきではありません。
その子のやりたいことだけで、十分に生きていけるはずだから。


私はこれから、精神的な耳栓をする必要があると思います。
マイナスなことを言ってくる人をブロックアウトするために。
「あーはいはい、またいつものあれね」って感じで受け流せるようにならなくてはなりません。
私は今まで受け流すってことができなくて、母親の吐いた毒のある言葉も、全てそのまま受け取っていました。
だからあれだけ鬱病状態みたいになってしまったんだと思います。
ゼミはその面でいい練習です。
「いつものあれね」「バーーカみたい」で片付けられるようになる必要があります。


私は自分を無条件に受け入れることを誓います。
私が私でいられるために必要なことはなんだってします。
他人の価値観を押し付けられても、聞き入れません。
私の価値観が世界一大事で、世界一正しいからです。