母親を自死で亡くした私のブログ

母親から精神的虐待を長年にわたり受け続けた娘の日記です。母親は2017年5月に自死しました。

寂しい

今夜は結構充実してました。
実家から本を何冊かもってきて、これも読みたい、あれも読みたいと心の中ではしゃいでました。
でも、なんかふと寂しくてたまらなくなりました。
自分はやっぱりダメだ。
子供の時からやり直したい。
優しいお母さんが欲しい。
お母さん代行サービスにでも頼もうかな。
ウェブサイトで見ていたら、お弁当を作ってくれて一緒に食べてくれたり、
恋人を説得したり、本当いろんなことをやってくれるみたいです。
なんか、悲しいですね。
もしこのサービスでお弁当作りを頼んだら、多分私の実の母親が作ってくれたどの弁当よりも美味しくてきれいで心がこもったものが出てくるんだと思います。
お母さんは料理が下手で。そして時間がなくて。
いつも食事は弁当箱に入っていて。朝昼晩と。
冷蔵庫に作り置きしてありました。
作り置きといっても、冷凍食品のクリームコロッケとか、スパゲッティとか、ハンバーグとかが適当に入れてあるだけなんですけど。
子供の頃からほとんど冷凍食品で育ったようなものです。
それを朝も晩も一人でレンジで温めて食べてました。
中学高校と。
やっぱり習慣っていうのはなかなか断ち切れませんね。
私は今もほとんど冷凍食品しか食べてないです。
普通だったら「こんなのダメだ!」っていう意識が働くのかもしれませんが、
私にとってはこれが普通だったので、なかなか「ダメだ」っていう意識が働かないのです。
本当は野菜とか食べなくちゃいけないんですけど、私は食べたいものしか食べたくないので。
なんか冷凍食品ってすごく自分らしい気がします。
普通に食事としての機能を果たすんだけど、
冷たくて、どこか味気なくて、孤独で、若い感じ。
母親のことを私はいつも若いと思っていたんですけど、
お母さんが若いと思っていたのは多分こういうところが理由だと思います。
コンベンショナルな母親じゃなかったというか。
母親だけど独身というところが彼女をなおさらキツい性格にしていたのかもしれません。
いつもパワフルで、とがった印象がありました。
ある意味パンクロッカーみたいな。
父親は結構保守的なので、もし二人が一緒にいたらいいバランスだったんじゃないのかなあと思いました。
私は今、結構保守的だと思います。
ただこの食生活っていうのはどうにも変えられなくて。
一時期高校3年の時に蕁麻疹が出るようになって、食生活を変えないとダメだということで自炊をしていた時もありました。
でも大学に入ってからは元の冷凍食品生活に戻ってしまいました。
私は高校生の時、弁当がコンプレックスだったんです。
私のだけ愛を受けていないような気がして。
友人のを見ると多少冷凍食品が入っていても、卵焼きは手作りだったりして。
私の弁当はコメを除けばほぼ100%冷凍食品でした。
まあ母親の手料理はめちゃくちゃまずいので、入ってない方がよかったんですが。
ただ、なんらかの形で愛を受け取りたかったなーと思います。
でももう遅いんですよね。
私は今後母親になることもないだろうし、愛情込めた弁当を作る必要性なんて発生しないと思います。
でも暇がある時に何品か作ってみて、アパートに備え付けの小さな小さな冷蔵庫に保存して、
この「愛母弁当」のシミュレーションをしてみるといいかもしれませんね。


私はやっぱり、母親に継続してひどい態度を取り続けたんだと思いました。
祖母と接する時に見せる優しさの10分の1も私は母親には提供できませんでした。
でも母親が怖かったんです。
母親が怖くて、憎くて仕方なかったんです。
その結果どちらかが死ぬことは確かだったんです。
私は絶対、自分が先に死ぬものと考えていました。
私は二回も自殺未遂したので。
でも結局折れたのは母親でした。
私は母親に「自殺しろ!死んで償え!」と言いました。
でも償うために死んだんじゃないと思います。
私が19歳でまだ未成年だった時に死んだので、法的なトラブルがものすごく多く発生しました。
私は当時思いました。
「ああ、仕返しだな」と。
「わざと私に迷惑をかけるために死んだんだな」と。
「このやろう。死んだ後でもお前の記憶だけは絶対に美化しないぞ」
「お前はいつまでも私を自殺まで追いやった人間のクズとして覚えておくからな」
私は未だにそう思っている節があります。
母親の書いた、ひどい暴言のメモとかを写真にとってあります。
それを時々みて、母親がやったことを振り返っています。
やっぱり許せることと許せないこととあるんです。
母親のしたことは、母親が当時どんなに追い詰められていたとしても、
許せないことなんです。美化できないのです。
こればっかりはどうにもならないのです。
母親が死んだ後でも、母親を愛せない。
母親の愛を振り返って感じることができない。
私は今後一生母親を、そして父親を奪われた生活をすることになります。
なので、普通に両親の揃ってる幸せな家庭の奴らが私にとやかくいう資格はありません。
私はゼミのそういう奴らが憎くて仕方ありません。
私が私立の小学校に通っていたというだけで金持ち、苦労を知らない人みたいな扱いをしてくる奴らが憎くて仕方ありません。
でも私は気軽には本当のことを言えません。
こんな重い話をあまりよく知らない人たちにするわけにもいかないので。
なのでこの人たちはいないものとして扱います。
もう飲み会にも出ません。
連絡も取りません。
私は今後誰にも理解されず、たった一人で生きていくことになると思うので、
今のうちから他人との距離感をうまく保つ練習をしようと思います。