母親を自死で亡くした私のブログ

母親から精神的虐待を長年にわたり受け続けた娘の日記です。母親は2017年5月に自死しました。

しばらく更新できませんでした

しばらく更新できなくてすみません。
やっと色々なものが終わりました。
学校の授業も終わり、予想以上に早くレポートが終わったので、
急募のバイトを学校の人づてに引き受けました。
25ページ分の舞台の台本を和訳してくれという案件でした。
学生に依頼するぐらいですからかなり切羽詰まっていたようです。
土曜日に仕事を紹介され、日曜日と休みの月曜をつぶしてやらなくてはいけなかったので、普通だったらどこも依頼を受けてくれるところはなかったと思います。
でも昨日やっと終わり、提出しました。
25ページ分もよくやったなあと我ながら思います。
戯曲だったので一人の喋る分量が長く、結構文字が詰まってるページが多くて大変でした。
しかも受けた時に「全部期限までに終わらせます」と言ってしまったので、なるべく正確に、どこも飛ばさないようにして最善を尽くしました。
かなりいい訳ができたと思います。
グーグル翻訳と辞書を駆使して、日曜日は本当に10時間以上それに取り組みました。
全部でかかったのは20時間ぐらいでしょうか。
かなり文学的・抽象的な文章で苦労しました。
きつかったですが、いい勉強になりました。
興味深い戯曲を読む機会にもなってよかったと思います。
でももしかしたら賃金を踏み倒されるかもしれないので、その時は警察に通報できるように依頼主の情報を集めています。
いずれにせよ私の今まで勉強してきたことを使えるのは嬉しいですね。
こういうことをして勉強しないとなあと思っていたのでちょうどよかったです。
勉強にしては少しタイムリミットが厳しすぎたのですが。
あとはお金が払われるといいんですけどね。
もしかしたら将来翻訳とかで生計を立てることになるかもしれないので、そのいい訓練だったとは思います。
何かの説明書の翻訳とかはつまらないしやりたくないんですが、こう言う文学作品とかの翻訳は好きですね。
もうちょっとゆっくり取り組めたら楽しかったと思います。
私は前も書きましたが、グループに属さない人間でありたいんです。
だからフリーランスの翻訳・通訳で一生生きてくのもありかなと思ってます。
私の悪いところっていうのは、将来に関して何も展望がないことなんです。
30歳以降の人生が全く想像できません。
私は子供は産まないので、結婚するメリットは特にはありません。
子供を産まない女性とは結婚したくないという風に考える男性もいると思います。
なので高確率で私は一生独身だと思います。
今では年収300万はもはや高給取りなようですね。
本当しみったれた世の中ですよね。
お金の心配をせずに生きていくには、やっぱり独身でいることが必要なんです。
30歳、40歳、50歳と。
想像できないですね。
40歳の私とか。
想像したくもないです。
多少歳をとってるだけ威厳はあるかもしれないけど。
私は昨日も考えてたんです。
死にたいと思うんだったら、それはあくまでも自分本位の理由であってほしいと。
他人本位の自殺動機ってあると思うんですよ。
例えば、ブスだ、バカだと言われるからとか、いじめられるからとか。
他人にこうされるのが嫌だから自分は死にたいと。
私は他人が原因のことで自分を死なせたくないと思うようになりました。
もし自殺するんだったら、
歳をとるのが嫌だとか、単に飽きたとか、そういう理由で死のうと思います。


私が最近気づいたのは、
私は幸せになりたかったんだってことです。
無理難題をクリアしなくては幸せになれないと私は勘違いしていたんです。
人生は無理難題をクリアするためにあるんじゃない、
人生は幸せになるためにあるんだと。
クリアしなくても幸せにはなれるんだと。
私はそれにすごく最近気づきました。
どんな人も、人生で感じる幸せの量ってのはだいたい同じらしいです。
どうせ他の人と同じ量の幸せなら、他の人より頑張る必要なんてないですよね。
私は子供は産みませんが、もし子供を育てるとしたらそう言いますね。
頑張る必要なんてないと。
どうせラット・レースなんだと。
努力が報われるかどうかなんて結局は運次第なんだと。
どうせ運次第なら最初から投資をしないほうがいいよねというのが私の考えです。
私はこういう風に後ろ向きに考えてしまうので、子供を育てるのには適してないと思います。
子供に手放しで「頑張れ」なんて、例え運動会とかでも言えませんね。
私はこの社会を肯定できないので、子供も肯定できないんだと思います。
でもそうはいっても、幸せになれることは確かです。
公園を散歩したりとか、家で洗い物していても幸せだなあと、思えると思います。
今幸せになりましょう。
あとでじゃなくて今。
今自分は幸せになっていいんです。
幸せになる権利があるんです。
その権利は無条件にあるんです。
たとえあなたが落ちこぼれでも、幸せになる権利はあるんです。
その権利は誰も奪うことはできないんです。


もしよかったらクリックお願いします