母親を自死で亡くした私のブログ

母親から精神的虐待を長年にわたり受け続けた娘の日記です。母親は2017年5月に自死しました。

ホテルに着きました

ついに懸念してた中日が終わりました。

昨日から来て、これで二泊目です。

目当てのイベントは明日の朝から。

初日はやることあるけど二日目はどうしよう…とか考えて困っていました。

しかしやることが何もなかったのは初日も同じでした。

本当は町の普段の姿を観察したかったのですが、結局は何もわかりませんでした。

町の図書館に行き、海藻の本を読んで海に行きました。

そして磯を歩いて、海のそばでサルトルの嘔吐を少し読んで、そしてホテルに行きました。

夕食の時間が18:30と早かったので、その前にお風呂に入る必要がありました。

温泉でした。これはよかったです。

そして夕食はかなり豪華でした。

量が多いかと思ったけど意外と全部食べられました。

朝は結構地味でしたが。

そして今日は日差しが強かったので海にまつわることは何もせず、ただイオンモールで映画を見てきて名物のパン屋さんに行っただけでした。

でも正直ここの海はもういいかなって感じです。

なんども訪れて、初回以降は何かしら悲しい気分になっていたような気がします。

でもそこが魅力の一部なんですかね。

今日は「おまかせルーム」で、部屋はホテル側が決めるというものでした。

海の見えない部屋だったらどうしようとか心配してましたが、杞憂に終わりました。

閉業した水族館の建物がよく見える部屋で、なんだかうれしいです。

ここの水族館とっても好きだったんです。

閉業してからとても寂しいんですが。

地元民ではありませんが、もっといっぱい来てあげればよかったなと思いました。

ちなみに今日見た映画は是枝監督の万引き家族です。

映画館にはお客さんが全然いなくて(平日の田舎だからか)、気持ちよく見れました。

ただバスで帰らなくてはならなかったので終わった後すぐに出ました。

なんか、すごい心にくる作品でした。

これに関しては次の記事で詳しく書きますが、

『誰も知らない』よりは少しごちゃごちゃしていたものの、

同じぐらい心を打たれました。

また視点が子供からだけでなく、大人視点でも語られていたので、より社会派で客観的な感じがしました。

それでは、お風呂に行ってきます。