母親を自死で亡くした私のブログ

母親から精神的虐待を長年にわたり受け続けた娘の日記です。母親は2017年5月に自死しました。

アフターマス

懸念してた体重増加ですが、
なんと0.5キロしか増えていませんでした。
泊まった二日間はホテルで夕食をとり、昨日は友人の家で夕食をご馳走になって結果としては三日続けて晩御飯の量が多く、
また朝ごはんもバイキングで食べ過ぎたこともあり、
体重が明らかに増えた気がしていました。
私は太ったか痩せたかを判断するためにいつも手首とふくらはぎと太ももの周りを手で確認するのですが、今日はちょっとぱっつんぱっつんになっていて、
「やばいぞやばいぞ。何キロ増えたんだ。2キロぐらい増えたんじゃないか」と考えていました。
そして絶望の中、実家の体重計に乗ると、わずか500グラムの増量でした。
500グラムで済んだことが信じられず、なんども測り直しましたが、結果は同じでした。
もしかしたら行く前に知らない間に痩せていたのかもしれません。
頑張ってまた500グラム減量したいです。
昨日は友人の家に泊めてもらいましたが、地獄のように暑かったです。
結構広い部屋なのに、エアコンの威力が弱いことが原因だと思います。
また風速をかなり弱めに設定していて、寝苦しくて仕方なく、やっと眠りにつけたと思ったら2時間ぐらいで目が覚めてしまいました。
私は我慢ならず思わず夜中に風速をあげてしまいました。
この中で4日も過ごさなくてはならなかったハムスターがかわいそうでなりません。
自分がこの家に預けたから悪いのですが、他に預かってくれるところがないのです。
今後はもし家を空けなくてはならない時が来たら、ペットホテルに依頼しようと思います。
ちゃんと涼しくしてくれるところに。
今アパートに着いて、温度計を見たら34度でした。
冷房を最大風速と最低温度に設定し、やっと過ごせる温度まで下がりました。
ハムスターが元気を取り戻してくれたみたいでよかったです。
もう友人の家には少なくとも夏季中は泊まりたくないと思いました。
あの家に住まなくてはならない友人がかわいそうでなりません。
あの家に住むぐらいだったら今の私のアパートの方が何倍もいいと思いました。
もうあの家には泊まりたくないですね。
泊めてもらっておいてなんてことをいうんだって感じですが。