母親を自死で亡くした私のブログ

母親から精神的虐待を長年にわたり受け続けた娘の日記です。母親は2017年5月に自死しました。

インターンシップに行ってみて

昨日参加した某外資系金融機関のインターンシップはとても感じが良かったです。
何も難しいことはしなくて良かったし、ほとんど質疑応答に時間が当てられていました。
参加者も男性と女性がほぼ同数いて(少しだけ男性が多かったかもしれません)、
非常に良かったと思います。
やっぱり経営共創基盤とは大違いですね。
あの時はすごくギスギスしてましたが、ここだと逆に外資系なのに和やかで、みんなフレンドリーでした。
選考ではなくインターンシップ本番だからというのもあるでしょうが。
経営共創基盤のインターンシップは参加者の9割が男性だそうです。
経営共創基盤はいくら社長がボストンコンサル出身で外資系企業の合理性に憧れていても、やっぱり日本の会社の負の部分を併せ持つところがあるなあと感じました。
あのギスギスしたGDで力を発揮できる人がインターンシップに勝ち進むわけです。
また学歴についてかくと、
昨日参加したインターンシップにはもちろん東大早稲田は多かったですが、
筑波大学の農学部の人なども来ていました。
多様性があって非常にいいなあと思いました。
しかし地方旧帝大の人は全く見ませんでした。
不思議と慶応の学生も見ませんでしたね。
もしかしたらいたのかもしれませんが、接する機会はありませんでした。
一般化するのもダメだとは思いますが、確かに外資系企業は女性が活躍できる点がいいと思います。
高校の時の同級生にも二人会いました。
そのうちの一人は同じクラスだった人で、生徒会役員を務めるなど、とてもしっかりしている人で、私が恐れていた人の中の一人でもありました。
彼女はあらゆることを抜かりなく行い、最適解を常に選択するというタイプの人間で、
私は彼女を尊敬はしていましたが、私は絶対彼女のようにはなれないし、なりたくもないと思っています。
昨日のインターンシップで強く感じたのですが、
私は変人であることにアイデンティティを感じている気がしました。
もちろんそれは、周りの人から「変なやつだ」「浮いている」と思われるということです。
しかし私はまた、有能さを持ちあわせているとも考えています。
今までの実績から見れば能力のあることは確かです。
なので変人でいられて、なおかつ有能さを発揮できる場所が今後の進路としていいのかなあと思います。
今まで歩んで来た道も、確かに変な道でした。
しかしまあこうして倍率の高いインターンシップの選考にも通過し、普通に参加できたわけです。
今後どうなるかはわかりませんが、少なくとも経歴と能力から見れば自分のような人間でも社会人としてやっていける可能性があるということです。
この会社は、確かに変人や変な経歴の人も受け入れてくれるところがありそうだなあと思いました。
もちろん倍率はものすごく高いし、私を採用して他の人を採用しない理由が思いつきませんが。
女性社員が多いとは言っても、年配の社員以外はみんな揃いも揃って美人だったので、もしかしたら顔採用というところがあるかもしれません。
芸能人のような美人というわけではありません。
ちょっと綺麗だな、と思うという感じです。
ただ、私はスタイルにはちょっと自信がついて来たので、
いける可能性はなきにしもあらずという感じはします。
でも実際私の参加した部門で毎年入ってくる新入社員の数はだいたい6人前後と、かなり少ないです。
なので落ちても別に落ち込む必要はないと思います。
また、仕事の内容としては、金融の仕事と言っても、事務作業がほとんどであまり高度なことはやってなさそうでした。
英語はそれほど高いレベルは要求されなさそうだなとは感じました。
社内での連絡は全て英語らしいですが。
英語を生かしたいということであれば、やっぱりメディアとか、書いたり表現したりする仕事が一番向いているのではないかと思いました。
でも金融業界を見てみて、少し興味が湧いて来ました。
来週もブローカー業のところに行って来ます。
顔採用なんてけしからんと確かに私も思いますが、
あまり高度なスキルを要求されない仕事において、
経歴も何もかも同レベルの新卒がいたら、
そりゃあいい見てくれの人をとりますよね。
逆に外見が関係ない仕事といえば、お客さんと接しない仕事、高度なスキルを求められる仕事でしょう。
私のしたい仕事は実力を生かせる仕事なので、今回の仕事内容だけを見ると正直物足りなさそうというのが率直な感想です。しかし仕事をする環境としてはなかなか良さそうでした。