母親を自死で亡くした私のブログ

母親から精神的虐待を長年にわたり受け続けた娘の日記です。母親は2017年5月に自死しました。

砂漠

今日は暗い気持ちの朝です。
前回父親と話した時に、結局どの進路も、それぞれのトレードオフがあることがはっきりしました。
なのでそれらの欠点の中でどれが一番我慢できそうかと考えた時に、
やっぱり会社員になった方がいいのかなと思いました。
研究職は職につけるかどうかがもはや博打だし、公務員専門職は総合職にこき使われるし、通訳・翻訳家は収入が安定しないし。
やっぱり会社員が一番簡単で、一番無難でしたがって一番いいオプションなのです。
これのトレードオフは私の能力が思うように使えないかもしれないということですが、
それは別に仕方ないというか、心の持ちようなので、「これで十分能力が使えている」と思えるかもしれないわけです。
自分はやっぱり、中途半端な人間なのかもしれませんね。
だから悩む。
突き抜けて、頭が良かったり、突き抜けて、就職したかったら、こんなに悩まないはずなのに。
それは才能なく産んだ親が悪い。
突き抜けた才能のない役立たずの自分が悪い。
ある選択をした結果の未来をきっちり想定できない人間の脳が悪い。
今まで、別の専攻にしたら良かったと、思っていました。
でも、これはもはやどうでも良かったことなんだと思いました。
就職するんだったら仕事の内容のほとんどは大学時代と関係ないことでしょうし。
大学の時に学んだ内容を忘れるのは、みんな同じなんです。
使わないのは当たり前なんです。
それにブツブツ文句言う方が悪いんです。
だから、これからは勉強した内容が将来使えるとか使えないとか、そんなこと考える必要はなくて、
ただ残りの単位を取り終えて、卒論を書いて、大卒の資格を得て、就職するなり別の大学に編入するなりすればいいんです。
極論を言えば、私は女なので、どの会社に行っても苦労するだろうとは思います。
結婚せずとも子供を産まなくとも。
徹夜で仕事なんかしたくないし、できない。
するべきでもないと私は考えてます。
今は規制が厳しくなってるので、時間になるとオフィスの電気を消して、こそこそ残業してるらしいですね。大手企業では。
全く馬鹿らしいと思いますね。
なんか全てが馬鹿らしく思えてきました。
就活自体すごく馬鹿らしいです。
結局は働くだけなので、どんなホワイト企業でも週五日毎日8時間は働かないといけないわけです。
上司にはどやされるし、もし仮に上司が優しかったとしても、
時間が過ぎるのをただ待つだけの毎日。
時間をお金に変えることで食いつないでいく。
何のために?
いらないものを買うために?
食べて寝て次の日の通勤ラッシュと仕事に備えるために?
人間らしく生きるには、一体いくら金を払えばいいんだろう。
お金は最低限でいいから、人間らしく生きたい。
私は今までの人生で心が疲弊してしまったのだと思います。
苦しみは何も実を結ばず、ただ何もない砂漠が私を待ち受けていた。
私にはそういう人生しかなかったのです。
今後も砂漠を永遠と一人でさまようだけの人生なんでしょうか。
仕事を始めたら砂漠は緑を取り戻すのでしょうか。
必要とされることで私はなんらかの意味を見出せるようになるのでしょうか。