母親を自死で亡くした私のブログ

母親から精神的虐待を長年にわたり受け続けた娘の日記です。母親は2017年5月に自死しました。

自由の身

今日は夕方に、ふらっと散歩に出かけました。
あまりにも気が重いので、ちょっと気分転換しようと思ったからです。
すると空には下から上まで巨大な入道雲が。
まるで山のように大きく、夕日の中で白く輝いていて。
ところどころピンク色やオレンジ色になっていました。
あまりにも美しかったので、それに吸い寄せられるように、あてもなく歩いて行きました。
すると自分の大好きな公園の方向に向かっていることに気づきました。
そこで公園に行ってみることにしました。
雲もだんだん日が落ちてきているので灰色っぽくなってきていましたが、上の方はあざやかなピンク色でした。
なんてきれいな空だろう。
イルカが泳いでいそうな。
夕暮れの空ってこんなにきれいだったんだ。
きれいな空を見るといつも思い出させられます。
毎日あることなのに、こんなに美しいということをいつも忘れてしまうのです。
だからふと空を見上げると感動する。
公園につきました。
この公園はとても広くて、緑が多くて、すごく気に入っています。
この地域で一番好きな場所です。
小高い丘の上に二つベンチがあって。
そのうちの一つには先客の女性がいて座っていました。
ああ、ここは彼女の癒しの空間でもあるんだな。
お邪魔しちゃうのは悪いけど仕方ない。
私が隣のベンチに腰を下ろすと、間も無く彼女は行ってしまいました。
やっぱり恥ずかしいのかな。
一人でたそがれてるところを見られるのは恥ずかしいのです。
その気持ちが私にはわかります。
私は辺りを見渡していました。
あの入道雲と、遠くの街の灯りと。
ここに座っていると、風が体に吹き付けます。
涼しいけど、どこかまだ日中の熱をはらんだような、寒すぎなくていい風です。
風が草の中を吹き抜けて。
海辺にいるのと感覚が少し似ています。
草のさざなみが潮騒のようで。
太陽は私がきた方向に沈んで行きました。
どうやら私は太陽から離れて行ってしまったようです。
雲が多く、太陽は見えませんでしたが、
夕日の沈んでいく空の色の淡いグラデーションが見えました。
雲の間に一番星が。
私は思わず願いをかけました。
インターンシップに行かなくてすみますようにと。
しばらくそこに座って、ただぼーっと風の音を聞いて風を体に感じていました。
こうしているときが私は一番癒される気がします。
静かで、豊かで。
そのままずっとそこに座って星が見えるまでいたかったんですが、
私はあいにく半袖できてしまって、上着を持っていなかったのでさすがに寒くなり、
帰路につきました。


家に帰って、夕飯を食べた後に電話がかかってきました。
インターンシップに行かなくて済むことになりました。
担当の方は結構怒ってそうで、話終わった後に電話を即切りされました。
でも私としては確実な勝利です。
今日来る電話にどうやって返そうかと一日中ずっと考えてたんですが、
まあ何も説得されることもなく、なんとかなりました。
他のインターン生がかわいそうですね。
朝8:30出社は早すぎますよね。
満員電車で通勤して給与なしで意味のないことを毎日8時間やらされる大学三年生の夏休みの2週間なんてたまったもんじゃないです。
しかも人事担当者は電話をすっぽかすし、緊急連絡先を聞き忘れてメールで聞き出そうとしたし、
この企業はちょっとダメですね。
大企業ではありますが、やっぱりダメですね。
いやー行かなくて済んで本当嬉しいです。
これから2週間何をしよう。
自由の身です。
卒論のための本をもっと読んで、
あとプールにも行こうかな。
明日はプールに行こう。お祝いです。
行こうと思えば海外旅行もいけると思いますが、
正直ゆっくりしてたいので、やめときます。
国内旅行も、いつも関東近郊だと帰宅困難になるので、あまり気乗りしません。
むしろ沖縄とか、飛行機で行くような所に行った方がちゃんと帰れるのかもしれないですね。
でもハムスターを移動させるのがかわいそうなので、多分遠出はしません。
この2週間は本を読むのに使いたいと思います。
編入に関しては、迷ってます。
このまま卒業して大学院に進んだ方が将来設計が立てやすいので。
他の大学に編入すれば学費は最低でも300万ぐらいかかるし、
留学するともなればそれ以上かかります。
そこからさらに大学院に進むとなれば、終わる頃には26ぐらいになります。
別に悪いことじゃありませんが、
今このまま大学院に進む方がスムーズなのは確かです。
あとは今まで全くやったことのない分野なので、ちょっとそこが不安ですね。
少なくとも24歳で修士が取れれば、専門学校とかの教員のバイトに応募できるようになります。
そこから就職するか博士課程に進むか決めてもいいと思います。
どちらにしても、とりあえず自分の好きなことをやってみることが大事ですね。