母親を自死で亡くした私のブログ

母親から精神的虐待を長年にわたり受け続けた娘の日記です。母親は2017年5月に自死しました。

自殺する前に

生きてるのが苦しい。
何にもしたくない。
彼氏と会うのはただの現実逃避にしか過ぎない。
「心配する必要ない」っていうけど、
私は結局、充実感なく、満たされない仕事で一生を終えるのは嫌です。
でもお金のためなら仕方なくやるしかないのかなあ。
今日、自殺するための道具を手配しました。
しかしこの方法だと致死率が高く、ちゃんとやれば本当に死んでしまうし、未遂なら重大な身体障害・知的障害が残ります。
だから100%死ぬ覚悟ができてないと、これはできません。
100%死にたいと思えるためにはどうすればいいんでしょうか。
遺書を書くことですね。
遺書を書いて、唯一の友人や、友人の家族にそれとなくいなくなることを伝える。
父親にもそう伝える。
何が不満だったのか、何が取り返しのつかないミスだったのか、
私はいかにして罰せられ、私のした全ての選択を後悔させられたか。
なぜ死ぬしかないのか、主観的に何がダメだったのか。
たとえ大学を留年しても、中退しても、せめて遺書ぐらいは書きたい。
今日はゼミの先生の普通の授業がありましたが、
私はこの先生が自分の教えてる大学、私の通ってる大学をボロクソに叩くのが嫌いで、
この先生も嫌いになってしまいました。
この先生の授業は受けないことにします。


自殺すれば、高校の時自殺未遂してまで大学に通った意味がなくなると言われました。
しかし、もともと意味ないもんなぁ。
私の人生、どんどん下降してます。
大学が私の人生最大の汚点です。
高校は意識高い系の自称進学校でしたが、楽しかったです。
大学ではたった一人できた友達もなんだか気に食わなくなって自分からシカトし続け、今に至ります。
友達0人。
やった内容も、すごく勉強するのに苦労したのに全く使えない。
研究者になるとしても全く使えない。
煮ても焼いても食えない学校。
本当こんな大学国立法人で運営する意味ないですよ。廃校にすべきです。
税金なんて使ってないで。
私は授業料免除で0円で通ってますが、
それでもこの大学になんの愛着もわいてないです。
これ以上最悪な大学生活ってありえたんでしょうか。
まあせめて大学の行事に参加させてもらえたのはよかったかな。
履歴書にそればっか書いてます。
でも、学歴の時点で企業には突っぱねられるか、もしくは入社しても出世できないかもしれない。
社内の学閥競争ではまず勝てませんね。
そういうのアホらしいし、大きな学閥に属したところで人望がないのでハブられるだけだと入学前は思っていて、今もそうだとは思います。
仕方ない。どうせ自殺するんだ。切り替えていこう。
私はだいたい、大学生というものが嫌で嫌でしょうがありません。
明治時代とか、まだ大学生が多くなかった時代はいい身分だったのでしょう。
しかし今の大学生のレベルの低いこと。
授業中は静かにしていてくれるのが唯一ありがたい点ですが、
彼らの髪型、安っぽい服、授業に遅れそうな時に見苦しく走るところなど、
全部嫌いです。
嫌気がさします。
「お前随分偉そうじゃねえか」と言われるかもしれません。
「お前もその中の一人にすぎないくせに」って。
おっしゃる通り。
私にできる唯一の抵抗は、大学生ファッションや髪型を取り込まないことですね。
あとは昼食を一人で食べること。
誰とも口をきかないこと。
こうやって私は友達をなくしていったんですね。
もう就職はいいや。
今週の授業出てみて、いいのがなければ、11月から休学します。
1年ぐらい。
それからゆっくり旅行に出かけて、ドイツのクリスマスマーケットにいく。
ベルリン・天使の詩に出てくるあの金の勝利の女神像に登りたい。
1月とか2月とか、寒い時期は南半球にいってもいいし。
シンガポールとか。
暖かくなったら、アメリカ本土に行って、車を借りて、PUSAを爆音でかけながら何マイルも何もない砂漠みたいなところを走ってみたいなあ。
そんなことしてみたいなあ。
車の免許取って、日本でまずいっぱい練習しよう。
房総半島縦断とか。
事故っても他の人の迷惑にならなそうな北海道横断とか。
楽しそう〜。
1000万はもう使っていいことにしよう。
しかし楽しそうな授業もあるからなあ。
楽しそうな授業があった場合、それは少なくとも週2日は大学に行かなきゃいけないということだから、休学するか微妙だな。5日じゃ海外旅行もあんまりいけないし。
クリスマスマーケット行ってみたいけど。
まあ新しい授業の先生のお手並み拝見というところでしょうか。
いっぱい旅行してから自殺の方が、就活を苦にして自殺より健康的な感じがしますよね。