母親を自死で亡くした私のブログ

母親から精神的虐待を長年にわたり受け続けた娘の日記です。母親は2017年5月に自死しました。

インターンシップ終了

途中まではまあまあ楽しかったのですが、結局最後に取り上げられたアイデアがパッとしない人のだったので、なんか最後は落ち込みました。
出し合ったアイデアの中で優劣をつけられ、私のアイデアはそれよりさらに劣っていると言われたわけです。
こんな会社に入ってやるもんか。
ほかの低俗な学生。私の案に文句をつけやがって。
いいなと思えるアイデアを持つ人もいましたが、その人のアイデアも取り上げられませんでした。
社員の好みのせいで。
こんな会社来てくれって言われたって行きません。
二人社員が付いてて、一人はもう一人の歳いってる奴の言いなりになってるだけでした。
新聞社でしたが、さすが斜陽産業ですね。
優秀な人間が集まってこないわけですよ。
見る目がないんだもん。
インターンの内容なんて、窓際族の社員が呼び集められ、適当に優劣をつけてるだけ。
だから優秀な人材が残らない。
全く嫌気がさすね。
いやいや、可哀想といっていい。
彼らは間違いなく破滅へ向かっているのだから。
合掌のポーズをして帰ってくればよかった。
頭が痛い。
ずっと痛い。
母親は偏頭痛でしたが、私もそうなるんでしょうかね。
私は自殺するために生まれたんじゃない。
私は死ぬんだったら殺されたい、できれば極刑で。
こいつらは殺さなくても勝手に死んでいくから、相手にしたって仕方ない。
敗者たちへ合掌。